1. HOME
  2.  > 古本買取のコツ

古本買取のコツ

古本買取のコツ

古本はやはり、キレイな状態のものが高額の査定が期待できます。
少しでも高額査定となるように、ちょっとしたコツをお教えします。

古本を保管する際のコツ

少しでもキレイな状態を保っておくために、上手な保管方法をご紹介します。
大切な本を良い状態のまま残しておく際の参考にもどうぞ。

高温多湿を避ける

カビの原因となる高温多湿を避ける。押し入れなどに保管する際は、湿気取りを常備しましょう。

直射日光が当たらない場所に保管

直射日光は、本のヤケや、傷みの原因になります。直射日光が当たらない、風通しの良い場所に保管しましょう。

本棚にきちんと並べる

本を本棚に並べる場合、斜めになるような置き方や、本の平積みは避けましょう。本が歪んでしまい、減額査定の原因となってしまいます。

本の扱い方について

本を正しく扱っていれば、より長く良い状態を保つことが出来ます。
ちょっとしたことですが、気をつけていただくことで高額査定に近づきます。

キレイな手で本を読む

キレイな手で本を読みましょう。本の小口(断裁面)や、ページにシミやよごれは減額査定の原因となります。

ページをめくるときは、乱暴にしない

ページをめくるときは、乱暴にしないこと。強い開き癖(割れ)やページの破れは減額対象になります。 また、途中で読書を中断する場合は、ページを折ったりせず、しおり等を使いましょう。

水濡れに気を付ける

お風呂での読書はやめましょう。水濡れも減額の対象となります。

梱包時のコツ

配送時に本が折れ曲がったり、開いたり、破れてしまわないように丁寧に梱包することが大切です。
下記でご紹介するポイントを押さえていれば、本が傷んで減額...ということもありません。

本が動かないようにする

すき間にクッション材をしっかり詰めて、本が動かないようにします。クッション材は、新聞紙を丸めたものや、プチプチ等で十分です。

サイズにあったダンボールを選ぶ

サイズにあったダンボールを選びましょう。小さ過ぎるダンボールにギュウギュウに買取品を詰めますと、輸送の際に、凹み傷みなどがついてしまう可能性が高くなってしまいます。逆に大き過ぎるとダンボール内で動ごいてしまい、買取品が傷んでしまいます。

同じサイズのもの同士をまとめる

同じサイズのもの同士をひとつにまとめて、袋などに入れて箱の中で動かないようにします。

お客様に喜んでいただくために...

少しでもお客様に喜んでいただくために、高額査定結果をお客様にご報告したいと思っております。
キレイな状態の本を送って頂くと、高価買取という行為でお客さまのお気持ちにお応えできると思います。
ご不明な点などございましたら、お気軽にお問合せ下さい。

買取申し込み

個別買取価格が提示されない
教えてくれるのは、買取合計金額のみ。個別買取価格は教えてくれない。本当に丁寧に査定しているの??
減額の理由がわからない
減額や、買取不可が多数でている。でも、買取不可、減額査定の理由がわからない。
思い出のある本だったのに…
思い出のある本。あんな買取価格だったら、売らなかったのに・・・。
他店とは違う!定番屋のポイントとは

最新買取事例

05/18
「カラー・カード ― 色に隠された秘密の言葉」他
商品数 37点
¥10,676
03/01
「仕事の神様が"ひいき"したくなる人の法則」他
商品数 82点
¥8,133
02/22
「顔は口ほどに嘘をつく」他
商品数 50点
¥5,068
02/14
「スラスラわかるHTML&CSSのきほん」他
商品数 39点
¥7,147

一覧へ